DHAサプリの副作用は過剰摂取に要注意!

 

熱に弱く、摂取しにくいと言われるDHA。

そんなDHAを手軽に摂取するために、サプリメントを飲んでいる人は多いですよね。

しかし、サプリメントで気になるのは、副作用ですよね?

DHAサプリを摂取したら、何か副作用はあるのでしょうか?

 

〇普通に摂取するなら副作用はない

 

DHAサプリは、普通に摂取しているなら副作用の心配はありません。

普通に摂取というのは、つまり過剰摂取しないという事です。

厚生労働省はDHAとEPA合わせて1日1gを目標摂取量に定め、3g以上摂取すると過剰摂取の状態になると言われています。

サプリでDHAを摂取する場合は、記載されている1日の摂取量を守って飲んでいれば、副作用の心配はありません。

 

〇過剰摂取すると副作用が出る可能性あり!

 

決められた摂取量を飲んでいれば何も心配はありませんが、DHAを過剰に摂取してしまったら、色々な副作用が出る場合があります。

・出血が止まらない

DHAには血流を良くして血液をサラサラにする効果があります。

しかし、DHAを過剰摂取してしまうと、出血を止める血小板の働きが弱くなってしまうんです。

その為、怪我をして出血してしまったら、血が中々止まらない状態が続いてしまう事があります。

・下痢や吐き気を催す
・体調不良
・胃腸が弱っている時にDHAを過剰に摂取すると、胃の負担になって吐き気を誘発する事があります。

同じくDHAを過剰摂取すると、体内がパニックになり、DHAを上手く分解・消化できなくなって、下痢という形で表れてしまう事も。

体の調子が悪い時は、DHAサプリを過剰摂取するのは危険です。

・薬との飲み合わせも危険

普段から処方している薬との飲み合わせによっては、危険な副作用が出る可能性があります。

例えば、血圧を下げる薬を飲んでいる場合。

DHAには血圧を下げる効果があると言われています。

薬で血圧を下げているのに、更にDHAも摂取してしまうと、血圧が下がり過ぎて危険な状態になります。

特に、ワーファリンを摂取している場合は要注意です。

ワーファリンとDHAサプリ、どちらも血液をサラサラにする効果がありますが、一緒に摂取すると体の止血機能が弱まって出血が止まりにくくなる可能性があります。

DHAサプリと薬を併用したいなら、必ず医者に相談してからにしましょう。

DHAサプリは、過剰摂取さえしなければ基本的に副作用は出ません。

決められた摂取量を守り、薬との併用にさえ気を付けていれば、安心して飲み続けることが出来ます。

DHAサプリを飲んで、摂取しにくいDHAを手軽に摂取しましょう。